気になるシミ対策にハイドロキノン

出来てしまったシミが気になる。そんな悩みを解決するためには、シミケア系化粧品を使用して、濃いシミをだんだん薄くしていく方法が最も適切です。

 

ここで覚えておきたいのが、実は、一口に「シミ」といっても、様々な種類があることです。強い紫外線に反応し、すぐに出てくるシミもありますが、厄介なことに、肌の奥の方に、長い期間潜伏してる「シミの元」も存在するのです。そしてこの、潜伏している「シミの予備軍」が、ある日急に暴れだし、今まで何もなかったお肌に急にシミが発生することもあるのです。

 

でも、シミケア系の製品・化粧品は多数存在し、どれを購入すればよいのか迷ってしまうほどです。そんな時に注目したいのが「ハイドロキノン」。シミケアについて、特に効果のある成分として、今、非常に注目されています。現在、シミケアについて「ハイドロキノン」より効果がある成分は存在しません。シミケア系化粧品を買う時は、その成分を十分にチェックしましょう。

 

そもそもシミが出来る原因とは?

シミの原因には、紫外線、睡眠不足、ストレスなど様々なものが挙げられますが、その中でも、もっとも一般的なものは「紫外線」。事実、肌が大量の紫外線を浴びるとシミ発生するということは、データとして実証されています。

 

紫外線が原因のシミと言えば、犯人は「メラニン」と考える方も多いのではないでしょうか。「メラニン色素こそシミの原因」との考えの下、美白を目指す女性の天敵とされています。

 

しかし、メラニンの効用・メカニズムについては余り知られいないのが実情です。実はメラニン色素とは、紫外線を浴びることによって生じる害から肌を守ってくれるのです。どういう事かと言うと、メラニン色素は紫外線を浴びると皮膚から生成されるのですが、その際、肌の表面に出てきたメラニン色素は外からの紫外線を防御してくれるのです。これが人体に備わった紫外線から皮膚守るためのメカニズムなのです。健康的なイメージの「日焼け肌」や「こんがり小麦肌」とは、実際には紫外線を受けた肌の表面をメラニン色素がバリアを張るようにして守っている姿なのです。

 

そして通常、肌の表面に出現したメラニン色素は、時が経つとともに肌から剥がれていきます。若ければ若いほど、メラニン色素が肌から剥がれるまでに掛かる時間は早く、新陳代謝が活発であればすぐに元の肌の色に戻るのです。つまり本当は、メラニン色素が沈着してしまうことはないはずなのです。

 

しかし、加齢などの原因により人体の新陳代謝が鈍くなってくると、浮き出たメラニン色素はなかな肌から剥がれず、メラニン色素が表皮に滞在する時間が増えてしまいます。その結果、メラニン色素によって皮膚に色素沈着が生じ、シミが発生してしまうのです。

ハイドロキノン化粧品ランキング

ホワイトクリームex
独自のサイエンステクノロジーがシミの原因にアタック!
美肌成分を確実に肌の奥まで届ける
少ない量で高い効果!
肌への負担もカット! 高い安全性に安心

公式サイトへ

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
ガンコなシミも集中ケア
肌を均一にクリアに導く美容液
特殊シリコンゲルがぴたっと密着してしっかり浸透
人気女性誌掲載多数!

公式サイトへ