肝斑対策にハイドロキノンが有効な理由とは?

肝斑(かんぱん)はお肌に表れる一種のしみで、一般的に日本人女性は30代から40代になると、この肝斑ができやすいといわれています。自然に治ってしまうこともありますが、逆に閉経期を迎えるまでずっとこの症状に悩まされることもあります。

 

目の周囲や頬のした部分に出来やすい肝斑、肝斑があると、お肌年齢が実年齢よりも老けてみえることもあり、美肌にとっては最大の敵です。ハイドロキノンを成分に含むスキンケアは、この肝斑に対して効果があると言われています。。

 

しみと肝斑の違いとは何でしょうか?

肝斑は見かけはしみとあまり変わりません。しかししみと肝斑はその原因が根本的に異なると考えられています。しみは紫外線から皮膚を保護するために分泌されるメラニンがうまく剥がれ落ちないことにより出来るのに対し、肝斑は女性ホルモンの分泌のバランスの崩れによるものではないかといわれています。

 

そのせいか、妊娠中や経口避妊薬を服用している女性に多く見られる傾向があり、更年期障害を迎える頃になって、ようやく収まることが多いようです。広がり方にも違いがあります。しみはお肌のいろんな部分に表れますが、肝斑は目や頬の周囲に現れます。

 

ハイドロキノンは肝斑に対して有効

しみと違って、お肌の表面だけに働きかけるレーザー治療などでは、肝斑のトラブルは解消されません。しみに有効なレーザー治療ですが、肝斑にとってはかえって悪影響を及ぼすこともあります。

 

では肝斑に対して有効な治療法とは何でしょうか。通常医療クリニックでは飲み薬と塗り薬によって治療していきます。塗り薬は肝斑を薄くする効果のあるものが利用されますが、この外用剤として用いられることが多いのがハイドロキノンの配合された薬です。お肌を漂白する効果のある成分で、肝斑を薄くすると同時にメラニンの生成を抑えるような効果があります。

 

肝斑の原因は紫外線にはないといわれていますが、しかしメラニン色素が皮膚に沈着することにより、肝斑が悪化してしまうこともありますので、紫外線対策を怠ることは禁物です。

ハイドロキノン化粧品ランキング

ホワイトクリームex
独自のサイエンステクノロジーがシミの原因にアタック!
美肌成分を確実に肌の奥まで届ける
少ない量で高い効果!
肌への負担もカット! 高い安全性に安心

公式サイトへ

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
ガンコなシミも集中ケア
肌を均一にクリアに導く美容液
特殊シリコンゲルがぴたっと密着してしっかり浸透
人気女性誌掲載多数!

公式サイトへ