こんな悩みに/そのお肌の悩みはハイドロキノンが効果的!記事一覧

出来てしまったシミが気になる。そんな悩みを解決するためには、シミケア系化粧品を使用して、濃いシミをだんだん薄くしていく方法が最も適切です。ここで覚えておきたいのが、実は、一口に「シミ」といっても、様々な種類があることです。強い紫外線に反応し、すぐに出てくるシミもありますが、厄介なことに、肌の奥の方に、長い期間潜伏してる「シミの元」も存在す...
詳細を見る
肌のくすみを解消する手段としては、ピーリングがあります。これは、酸で肌を溶かしてしまい、くすんだ表皮を取り除くという治療法です。しかしこの方法は、肌の弱い人にとっては、むしろ害になってしまい、かつ、限られた狭い範囲しか治療できません。つまり、リスクが高く利用しづらい治療法なのです。この点、ハイドロキノンは上記の問題を見事にクリアした、素晴...
詳細を見る
一般的にそばかすを予防するには日焼け止めクリームを使用してUVBをカットするのが効果的です。日焼け止めクリームの中にも、紫外線により対応レベルの違う商品があります。よく見られるUVAをカットする効果を現わす「PA」の後の「+」は、数が多い程効果が高くなります。また、UVBをカットする「SPE」についても数値が高い程効果が高くなるのです。そ...
詳細を見る
日本では「これぞニキビ跡治療薬」というものはありません。しかし、海外ではニキビ跡の治療薬にはハイドロキノンが使われることが一般的なのです。特に美容大国アメリカではニキビケアといえばハイドロキノンが使用されているほど有名です。しかしハイドロキノンを使用すれば必ずニキビ跡が解消される、ということではなく、あくまで根気よく治療することが大切です...
詳細を見る
肝斑(かんぱん)はお肌に表れる一種のしみで、一般的に日本人女性は30代から40代になると、この肝斑ができやすいといわれています。自然に治ってしまうこともありますが、逆に閉経期を迎えるまでずっとこの症状に悩まされることもあります。目の周囲や頬のした部分に出来やすい肝斑、肝斑があると、お肌年齢が実年齢よりも老けてみえることもあり、美肌にとって...
詳細を見る