ハイドロキノンと紫外線の関係について

ハイドロキノンと紫外線の関係

ハイドロキノンが美白効果を発揮する仕組みは、塗った部分の皮膚のメラニン色素を抑制してくれるからです。

 

シミやそばかすの原因になる、メラニン色素そのものに直接効果を発揮してくれるため効果は絶大ですが、一方でデメリットがあり、メラニン色素が行ってくれている本来の「肌を紫外線から守る」機能が一時的に失われてしまうことになります。

 

ハイドロキノンによってメラニン色素が抑制されている、無防備な肌を日光にさらした場合、紫外線が全て吸収されてしまいダメージとなります。シワや更なるシミ、たるみなど肌の老化を招き、最終的には皮膚がんを発症してしまうケースもあります。

 

紫外線でダメージを負った皮膚の表面が炎症すると、ハイドロキノンを使用していない状態でも、紫外線に弱くなってしまい、更なるシミやシワの原因となる、悪循環の始まりとなってしまいます。

 

紫外線によって毒性に変化するハイドロキノン

また、ハイドロキノンは成分としても、紫外線に当たると変色や変質が始まり、皮膚の上で毒性の物質になってしまいます。

 

なので、商品や処方された薬ごとに指示されている使用方法にもよりますが、可能であればハイドロキノンは、日中の使用を避け、夜、寝る前の使用が一番好ましいでしょう。

 

もし、どうしても日中に使用する場合は、上から十分に日焼け止めを塗り、紫外線対策をすることが重要になってきます。

 

日中、ハイドロキノンが含まれる商品を使用してる場合、日焼け止めクリームなど数時間置きに塗って紫外線を防いでください。こまめに塗らなくてはいけないので、肌に優しい紫外線吸収剤不使用など成分にこだわった物、顔に塗り直しのしやすい、スプレータイプの物などを用意しておくと良いでしょう。

 

外出をしない場合でも、室内への日光のさし込みや、蛍光灯から出ている、普段は気にならないごく微量の紫外線にも注意が必要になります。

 

近年は、地上に届く紫外線量が増加傾向にあり、肌の悩みやトラブルも身近なものになっています。正しい使用方法と、十分な紫外線対策で、上手にハイドロキノンを利用して、理想の白いお肌を手に入れてください。

ハイドロキノン化粧品ランキング

ホワイトクリームex
独自のサイエンステクノロジーがシミの原因にアタック!
美肌成分を確実に肌の奥まで届ける
少ない量で高い効果!
肌への負担もカット! 高い安全性に安心

公式サイトへ

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
ガンコなシミも集中ケア
肌を均一にクリアに導く美容液
特殊シリコンゲルがぴたっと密着してしっかり浸透
人気女性誌掲載多数!

公式サイトへ