ハイドロキノンによる皮膚トラブルについて

ハイドロキノンは美白効果が強い分、使用方法にも注意が必要です。誤った使い方をした場合、シミ以外の新たな肌トラブルの元になります。以下にまとめましたので、使用には十分に注意しましょう。

 

気をつけよう! ハイドロキノン化粧品によって起こる可能性のある肌トラブル

お肌の乾燥

ハイドロキノンはシミの色素を排出させる作用がありますが、その際お肌の乾燥を引き起こします。ハイドロキノンを使用している間は、普段以上の保湿ケアを心がけましょう。保湿化粧水・クリームを使用することをおすすめします。

 

白斑(肌の一部が白くなっていまう)

高濃度のハイドロキノンを長期にわたって使用すると、白斑ができる恐れがあります。(5%以上配合の高濃度のものに限るとされています)

 

シミが増える

ハイドロキノンはシミの素となるメラニンの生成を抑制する作用があります。しかしメラニンは、もともとは肌を紫外線から守る働きがあるものです。それを抑えてしまうので、肌はいっそう無防備な状態になるのです。ですから紫外線に無防備な肌がさらされないように、しっかりと紫外線対策をする必要があります。具体的には、外出する際は短時間でも日焼け止めを使用することをおすすめします。

 

炎症など肌トラブルを起こしやすい状態になる

ハイドロキノンは美白効果が高い分、肌への刺激も少なからずあります。メラニンの働きを抑制して敏感になっている肌は、紫外線以外にも様々な刺激を受けやすい状態です。ハイドロキノンは酸化しやすく、長く空気に触れると黄色く変色して肌へダメージをあたえるようになります。開封したものは密封して光や空気に触れないようにしましょう。そして変色したものは使用しないように注意しましょう。

※もしお肌に異常を感じたら、すぐに皮膚科に行って相談してください。

 

安全にハイドロキノン製品を使うには?

ハイドロキノンの使用に不安がある方は、皮膚科など病院で医師の指示のもと使うことをおすすめします。

 

しかし、皮膚科などで処方されるハイドロキノンは純度が高いため、その分酸化も早く肌への刺激も強いと考えられます。ですので、安定型ハイドロキノン(酸化しにくい)が配合された、市販の美白化粧品を購入するという方法もあります。低刺激タイプのものも販売されているので安心して使用できます。

 

ただし、ハイドロキノンが配合されている以上、酸化を防止することはできませんので、定められた使用期限に注意しましょう。使用説明書をしっかり読み、自分の生活のペースに合わせて使うことが大事です。

ハイドロキノン化粧品ランキング

ホワイトクリームex
独自のサイエンステクノロジーがシミの原因にアタック!
美肌成分を確実に肌の奥まで届ける
少ない量で高い効果!
肌への負担もカット! 高い安全性に安心

公式サイトへ

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
ガンコなシミも集中ケア
肌を均一にクリアに導く美容液
特殊シリコンゲルがぴたっと密着してしっかり浸透
人気女性誌掲載多数!

公式サイトへ