ハイドロキノンを含む製品を使う時の注意点

ハイドロキノン製品の注意点

お肌に表れてしまった黒ずんでしまったしみ、その改善に大変効果があるのがハイドロキノン剤です。高い漂白力で気になるしみやそばかすを薄くしてしまいます。

 

ただ漂白剤ということでお肌に対する副作用や肌荒れが気になる方も多いと思われますが、これはハイドロキノンの濃度と密接な関係があります。

 

5%以内であれば、副作用のリスクはほとんどないとされています。

 

そもそも国内で手に入るものは、ハイドロキノンの濃度が1%から2.5%までに抑えられているものがほとんどなので、さほど神経質になる必要はありません。

 

一応の目安として5%という数字を挙げることが出来ます。この数値は副作用のリスクを図る目安です。いくら美白効果が高いからといって、副作用が出ては困ります。ハイドロキノンの濃度の高さを謳う製品については、その危険性に留意する必要があります。

 

ハイドロキノンを使用する際に絶対注意してほしいこと

通常、美容皮膚科などの医療クリニックで用いられるハイドロキノン外用薬は、約4%から5%のハイドロキノン濃度です。これに対して、スキンケア製品に含まれるハイドロキノンは、濃度の低いものがほとんどですが、しかし使用は慎重に間違えのないようにするべきといえます。安全性に留意して、適切にハイドロキノン製品を利用するためには次のような点に気をつけましょう。

 

1.ドクターズコスメとして知られているものを選ぶ
2.濃度はあくまで低濃度のもの、出来れば1%から2.5%のものが無難
3.製品開発に関わった医師や研究所の情報が詳細に得られるものにする
4.肌に浸透しにくい、紫外線に弱いといったデメリットを適切に克服しているものを選ぶ

 

ハイドロキノンコスメを選ぶ際にはこのような点にまず注意すべきですが、スキンケア製品に対する反応には個人差がありますので、お試しパックトライアルコースがある製品であれば、まずは短期間実際に使ってみてから判断するようにしましょう。

ハイドロキノン化粧品ランキング

ホワイトクリームex
独自のサイエンステクノロジーがシミの原因にアタック!
美肌成分を確実に肌の奥まで届ける
少ない量で高い効果!
肌への負担もカット! 高い安全性に安心

公式サイトへ

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
ガンコなシミも集中ケア
肌を均一にクリアに導く美容液
特殊シリコンゲルがぴたっと密着してしっかり浸透
人気女性誌掲載多数!

公式サイトへ