ハイドロキノンの濃度と危険性について

ハイドロキノンは濃度に注意

ハイドロキノンはできてしまったシミに対しても有効であることから注目を集めていますが、その高い効果のため使い方には特に注意が必要です。

 

中でも気をつけなければいけないのが
ハイドロキノンの配合濃度です。

 

濃度に注意して使用しなければ、副作用というリスクもあります。ハイドロキノンの特徴を濃度別に確認してみましょう。

 

ハイドロキノンの濃度と特徴

濃度1%から3%

低濃度のハイドロキノン剤はお肌に対する刺激がほとんどなく、安全性に対しては心配する必要がありません。しかしその代わり、ハイドロキノンの有効成分が働く度合いが少なくなりますので、効果に関してはやや劣るといえます。

 

このタイプの濃度を利用する場合にはたとえば半年以上継続して使用することにより、効果を実感することができます。一般的に3%以内の濃度であれば、お顔全体への使用も差し支えないとされています。

 

敏感肌の方、刺激に弱い方に関しては、この程度の濃度でも刺激となって感じられる場合もありますので、注意が必要です。

濃度4%から5%

5%というのがハイドロキノンの使用に関する目安となります。4%ならほとんどの場合問題ないようですが、濃度が5%というものに関しては、しみやそばかす程度に治療にいきなり使用するのは避けたいところです。このタイプの濃度は美容専門のクリニックや皮膚科に通院し、専門的な知識を有する医師からの診断を経て購入することをお勧めします。

 

オンラインショップなどで購入する場合には、まずは少量をお肌に合うかどうか試す必要があります。具体的にはパッチテストを行い、お肌への刺激がないかどうか確認する肌荒れや副作用といった問題を回避することができます。これまでに使用してとくに問題がなかった方に関しては、ネットショップなどでの購入がお得です。この範囲の濃度の製品の特徴は即効性があるということです。

 

効果をすぐに実感できるのが有難いといえますが、お肌には新陳代謝の周期がありますので、ある程度継続しなければ全体的な効果は確実なものになりません。

濃度5%から6%以上

市販のスキンケア製品でこの濃度のものはほとんどありません。このような高濃度の製品に関しては、販売元に関してその社会的な信頼度についてよく調べることが必要でしょう。

 

ごく稀に濃度10%といった製品をネット販売で見かけますが、このような高濃度は医療機関でも処方しない高リスク製品といえますので、避けることが無難といえましょう。

 

最後になんらかの理由により高濃度ハイドロキノン製品を使わざるを得ない場合には、ステロイドと併用することが勧められています。

ハイドロキノン化粧品ランキング

ホワイトクリームex
独自のサイエンステクノロジーがシミの原因にアタック!
美肌成分を確実に肌の奥まで届ける
少ない量で高い効果!
肌への負担もカット! 高い安全性に安心

公式サイトへ

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
ガンコなシミも集中ケア
肌を均一にクリアに導く美容液
特殊シリコンゲルがぴたっと密着してしっかり浸透
人気女性誌掲載多数!

公式サイトへ