ハイドロキノンの基礎知識/そのお肌の悩みはハイドロキノンが効果的!記事一覧

ハイドロキノンはできてしまったシミに対しても有効であることから注目を集めていますが、その高い効果のため使い方には特に注意が必要です。中でも気をつけなければいけないのがハイドロキノンの配合濃度です。濃度に注意して使用しなければ、副作用というリスクもあります。ハイドロキノンの特徴を濃度別に確認してみましょう。ハイドロキノンの濃度と特徴濃度1%...
詳細を見る
ハイドロキノンの一番の特徴は、その高い美白力です。美白成分として通常用いられることも多いビタミンC誘導体などに比べると、なんとその美白効果は100倍以上、高い美白力ゆえに効果的にお肌のトラブルを解消します。ハイドロキノンというともともとは工業的な用途で使用される漂白成分でした。その高いブリーチ力に注目が集まり、美容・薬用成分としての応用に...
詳細を見る
お肌に表れてしまった黒ずんでしまったしみ、その改善に大変効果があるのがハイドロキノン剤です。高い漂白力で気になるしみやそばかすを薄くしてしまいます。ただ漂白剤ということでお肌に対する副作用や肌荒れが気になる方も多いと思われますが、これはハイドロキノンの濃度と密接な関係があります。5%以内であれば、副作用のリスクはほとんどないとされています...
詳細を見る
シミやそばかすが出来てしまったときの、心強い味方!美白効果、漂白効果の高い話題の成分ハイドロキノンですが、実は成分として配合されている化粧品を使用する場合、高い効果の反面、特に使用期限と保管方法に気をつけないといけません。使用する量や使用方法は人それぞれになってしまいますが、できることなら開封後は1〜2ヶ月以内に使い切っていただくのが理想...
詳細を見る
ハイドロキノンが美白効果を発揮する仕組みは、塗った部分の皮膚のメラニン色素を抑制してくれるからです。シミやそばかすの原因になる、メラニン色素そのものに直接効果を発揮してくれるため効果は絶大ですが、一方でデメリットがあり、メラニン色素が行ってくれている本来の「肌を紫外線から守る」機能が一時的に失われてしまうことになります。ハイドロキノンによ...
詳細を見る
ハイドロキノンは美白効果が強い分、使用方法にも注意が必要です。誤った使い方をした場合、シミ以外の新たな肌トラブルの元になります。以下にまとめましたので、使用には十分に注意しましょう。気をつけよう! ハイドロキノン化粧品によって起こる可能性のある肌トラブルお肌の乾燥ハイドロキノンはシミの色素を排出させる作用がありますが、その際お肌の乾燥を引...
詳細を見る
アルブチンアルブチンは、ハイドロキノンにブドウ糖をプラスして作られた物質です。ブドウ糖を加えることにより安定性がアップし、安全性も増したといわれます。厚生労働省にも認可されている美白成分です。ハイドロキノンは漂白剤のようにメラニン色素を排除しますが、アルブチンは出来る前のシミに作用します。シミの素になるメラニン色素にアプローチし、その働き...
詳細を見る