ハイドロキノンはあなたを悩みから救い出す

ハイドロキノン

シミ・そばかす・肝斑などは女性に多い肌の悩みでしょう。美容クリニックや病院の皮膚科などの専門家に聞いてもらうと、色々な良いとされる成分が入った美白の塗り薬を渡されたり、レーザー治療をするよう言われることがほとんどです。

 

しかしレーザーは高いし、病院に通う時間もないという女性も多いのではないでしょうか。このサイトでは「ハイドロキノン」という成分の美白効果についてご紹介します。

 

このような症状の方におすすめです

・日光の浴びすぎからのシミ、ソバカスなどを治したい
・黒ずみがニキビ、傷跡に出来て困っている
・今までしっくりくる美容液に出会えなかった
・コンシーラーをいくら使っても満足行く結果が出ない
・歳のせいか肌の調子が年々悪くなっていく

 

これらを解決できるのはハイドロキノンが一番だと我々は考えています。

 

ハイドロキノンは既にサロン業界や美容業界をはじめ、医療業界にまでよく知られている成分です。特に日焼けが原因によるシミやそばかすを解決できる天然成分として美容通のイノベーターに注目されていました。

 

もしかしたらあなたも既に名前ぐらいはどこかで聞いたことはあるのかもしれません。なんせこのハイドロキノン、既に世界中で愛用されており、昔からある有名なものだからです。今人気なのは化粧品にハイドロキノン4%をふくむ美白クリームで、主に美容系のクリニックが発信の中心となっております。

 

この成分はメラノ細胞に直接働きかける事でシミを集中的に治すことが期待できるとされ、昔から以下の効果が知られていました。

美しい美肌を保つための効果

雪原のような美白をもたらす

抗酸化成分による漂白作用

 

ハイドロキノン化粧品ランキング

ホワイトクリームex

独自のサイエンステクノロジーがシミの原因にアタック!
美肌成分を確実に肌の奥まで届ける
少ない量で高い効果!
肌への負担もカット! 高い安全性に安心

公式サイトへ

 

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110

ガンコなシミも集中ケア
肌を均一にクリアに導く美容液
特殊シリコンゲルがぴたっと密着してしっかり浸透
人気女性誌掲載多数!

公式サイトへ

ハイドロキノンが効果を特に期待できるシミ

老人性色素斑 大きさは様々、イボとは違い盛り上がりはせず色は茶色、一般的に言われるシミとはこれのことである場合が多い。
そばかす 主に鼻のまわりにたくさんできる茶色の斑点で、治療には時間がかかる。よく小説やアニメのキャラクターの個性、特徴づけとして描かれることが多い。
肝斑 今まで治療薬がないとされていた左右対称で茶色く薄くできるシミ。クリニックでもハイドロキノンを美白外用薬として処方されることが一般化しているようです
炎症後色素沈着 炎症後に色素が沈着するという文字のままで、ニキビ跡や傷跡などに色が付いて目立つようになること

 

ビタミンCがシミに効果あると言われているが・・・

女性の方はよくレモンなどに多く含まれているビタミンCを多くとるように言われていると思います。美白、美肌など美容全般に効果があると宣伝されていますが本当でしょうか。

 

実はたしかに効果があり、それはビタミンCが「メラニン色素」というシミの原因となる成分をおさえる働きをするからです。しかし、気をつけないといけないのはすでに発生したシミを消す効果はほとんど実感できるほどないことです。

 

そんな時頼りになるのが「ハイドロキノン」です。これはビタミンCでは消せないメラニン色素をつくる細胞自体を減少させてしまい、これから出来るシミ、すでに出来ているシミの両方に対して効果を発揮するのです。

 

それをビタミンCと比べると、なんと10倍から100倍もの効果があると言うのだから注目しないわけにはいきませんね。

 

ハイドロキノンの弱点

ハイドロキノンの効果はアカデミズムの世界や薬品会社のレポートを見ても一番美白に効果があるものと見られています。ビタミンCなどの今まで注目されていた成分がシミやしわを予防するのにとどまることに比べ、ハイドロキノンは既にあるシミやしわに効果を及ぼすのであるから画期的です。

 

しかし、そんなハイドロキノンにも欠点があることをお伝えしなくてはいけません。

 

それは人によっては肌に合わない場合がある事です。配合濃度によって差が出ますが、大体1〜5%の方がハイドロキノンをつけると赤味や腫れが肌に出てしまうことがあるそうです。

 

なので、ハイドロキノン配合クリームをご購入される前に、まずはパッチテストをしてあなたの肌との相性を調べてみた方が良いでしょう。このように完璧な成分ではないのですが、それでも肌に合う人にとってはこれ以上に効果のある成分は現在見つかっておりません。

 

ハイドロキノンが肌に合わない、という方はビタミンC、トラネキサム酸、そしてアスタキサンチンというこれまた最近注目されている成分をチェックしてみてください。

 

シミを消すためには正しい使い方を学びましょう

・不規則な生活をやめ、できるだけ体に負担をかけないようにすること
・紫外線で肌をこれ以上痛めつけないこと、日焼け止めを使うこと
・強力な美白成分は正しく使わないと害になります
・専門家に相談するなら言われたことを正しく指示を理解すること

ハイドロキノンは多くの医療機関、お近くの薬局、そしてインターネットで簡単に入手できるようになっております。

 

それゆえにこれから世の中にはますます医薬品とドクターズコスメ(医者が処方した化粧品)があふれてくると思います。特にインターネットを通じて購入する場合は、ちゃんとアフターケアが期待できるお店を利用しましょう。薬で何かあった時に誰も相談できる相手がいないというのはとても危険なことですから。